Event is FINISHED

~先駆者たちが大集合!G7・五島ワーケーションサミット~(第3回地方を元気にするワーケーションフォーラム in 五島)

Description
ワーケーション業界の先駆者たちが大集合!G7・五島ワーケーションサミット!
(第3回地方を元気にするワーケーションフォーラム in 五島)

【イベント詳細】

開催日時:2021年6月6日(日)10:00~12:00(オンライン開催)
主催:一般社団法人日本ワーケーション協会
共催:五島市
後援:ワーケーション自治体協議会、長崎県
協力:株式会社毎日みらい創造ラボ、一般社団法人みつめる旅
参加費:無料(参加者へは後日ZoomのURLを送信致します)


【当日の内容】

はじめに
・主催者、共催者挨拶

~第一部 講演~

講演①:「リモートワーク、ワーケーションを通した働き方、生き方の変化とは?」
〈登壇者〉株式会社KabuK Style 共同代表/大瀬良 亮 氏

~第二部 五島市の取組紹介~

講演②:「五島市のワーケーションの取組」
〈登壇者〉五島市役所地域振興部・地域協働課長/庄司 透 氏

~第三部 ディスカッション 五島から考えるワーケーションとライフスタイル~

自己紹介(桐明氏、岡本氏、今村氏、鈴木氏、東原氏)
外から見た五島ワーケーションの魅力と課題
五島で考える、これからのワーク&ライフスタイルって?

パネラー:和歌山県情報政策課長/桐明 祐治 氏
     鳥取県ふるさと人口政策課関係人口推進室長/岡本 圭司 氏
     毎日みらい創造ラボ・毎日新聞記者/今村 茜 氏
     一般社団法人みつめる旅 代表理事/鈴木 円香 氏
     日本航空株式会社人財本部人財戦略部アシスタントマネジャー/東原 祥匡 氏
     五島市役所地域振興部・地域協働課長/庄司 透 氏

ファシリテーター:株式会社KabuK Style共同代表/大瀬良 亮 氏


【登壇者のご紹介】

●株式会社Kabuk Style 共同代表/大瀬良亮氏

1983年長崎県長崎市生まれ。2007年に筑波大学を卒業後、電通入社。在京若手県人会「しんかめ」を主宰、原爆の実相を伝える「Nagasaki Archive」発起人として、文化庁メディア芸術祭に出展等。2015年から官邸初のソーシャルメディアスタッフに。2018年4月〜2021年3月まで、つくば市まちづくりアドバイザーに就任。2018年11月、定額制宿泊サービス「HafH(ハフ)」リリース。2019年9月 電通退社。ワーケーションの普及活動も積極的に進める。一般社団法人日本ワーケーション協会顧問に就任。


●五島市 地域振興部 地域協働課 課長/庄司透氏

大学を卒業後、Uターン。企画課、スポーツ振興課を経て、2018年(平成30年)度に新設された地域協働課へ異動。五島市の最重要課題である人口減少対策の中の地域づくり、移住施策に取り組む。平成30年度、令和元年度、令和2年度と3年連続で200人超の移住者の受入れに成功。2019年は人口がピークだった1955年以来、初の「社会増」、2020年は2連続の「社会増」に貢献。WEBメディアとの「リモートワーク実証実験」を皮切りに、「五島ワーケーション・チャレンジ」「島ぐらしワーケーションin GOTO」に取り組む。


●和歌山県 企画部企画政策局 情報政策課 課長/桐明祐治氏

大学卒業後、2013年に総務省に入省。地方公共団体向けの補助金制度の企画・運用に2年間従事した後、内閣官房国土強靱化推進室に出向し省庁間の調整業務を担当。その後放送法に基づく放送事業者の指導監督等を担当し、2019年7月に現職へ出向。県の情報政策全般及びワーケーション推進に尽力。またワーケーション自治体協議会(WAJ)の運営も担当。2020年より観光庁「新たな旅のスタイル検討委員会」委員。


●鳥取県交流人口拡大本部ふるさと人口政策課関係人口推進室長/岡本圭司氏

鳥取県伯耆町出身。平成6年鳥取県入庁。母子福祉や国民文化祭等の文化事業、県職員の働き方改革、財政、知事広報等を担当。業務の傍ら県庁内若手職員によるプロジェクトや地域づくり活動に参画。平成30年鳥取県総務部参事(奉迎担当)を経て令和元年7月から現職。
令和2年度国土交通省「ライフスタイルの多様化と関係人口に関する懇談会」委員、ブックインとっとり地方出版文化功労賞審査員、オンライン関係人口未来ラボ主任研究員。


●毎日みらい創造ラボ・毎日新聞記者/今村茜氏

2006年毎日新聞社入社、経済部などで働き方の取材を進める。子連れワーケーションのルポ記事執筆を機に、新しい働き方を模索する新規事業「Next Style Lab」を社内で発足。2020年4月からは記者を兼務しながら、オープンイノベーションを推進する「毎日みらい創造ラボ」で事業展開。「#働くを考える」イベントを毎月開催しながら、親子ワーケーションの受け皿拡大を目指し活動中。公開FBグループ「親子ワーケーション部」参加者募集中。Google News Initiative Newsroom Leadership Program 2019-2020 フェロー。3児の母。


●一般社団法人みつめる旅 代表理事/鈴木円香氏

1983年兵庫県生まれ。2006年京都大学総合人間学部卒、朝日新聞出版、ダイヤモンド社で書籍の編集を経て、2016年に独立。ニュースメディア「ウートピ」編集長、SHELLYがMCを務めるAbemaTV「Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜」レギュラーコメンテーター。旅行で訪れた五島に魅せられ、2018年に五島の写真家と共にフォトガイドブックを出版、2019年にはBusiness Insider Japan主催のリモートワーク実証実験、五島市主催のワーケーション・チャレンジの企画・運営を務め、今年2020年には第2回五島市主催ワーケーション・チャレンジ「島ぐらしワーケーションin GOTO」も手がける。その他、廃校を活用したクリエイターインレジデンスの企画も設計、五島と都市部の豊かな関係人口を創出するべく東京と五島を行き来しながら活動中。


●日本航空株式会社 人財本部 人財戦略部 厚生企画・労務グループ アシスタントマネジャー/東原 祥匡 氏

2007年日本航空株式会社入社。関西国際空港における空港業務や、国際線を中心とした客室乗務員の業務を経験した後、2010年より客室乗務員の人事、採用、広報等を担当。2015年末より2年間の社外出向を経て、2017年12月より現職。現在は、規程管理や勤怠といった労務対応、ダイバーシティ&インクルージョンの推進、ワークスタイル変革のなかでも特にワーケーションの推進に向けた取り組みを担当。


【このような方はぜひご参加ください】

・事業者として、ワーケーションに興味がある方
・ワーケーション事業の効果、将来性、取り組みについて興味がある方
・一般企業が取り組むワーケーションと地域課題解決に興味がある方
・五島列島の長期滞在、魅力、気候などに興味がある方
・企業の人事担当者・責任者、事業開発担当者・責任者
・企業におけるニューノーマルな働き方の制度化を検討、推進している方
・テレワークやワーケーションを使って一歩先の働き方を実践、検討している方

ワーケーションとは、非日常の土地で仕事を行うことで、生産性や心の健康を高め、より良いワーク&ライフスタイルを実施することができる1つの手段です。もともとは、ワークとバケーションの造語ですが、日本の実情に合わせて、必ずしもバケーションだけではない取り組みが各地域で行われています。


【五島市とは?】

五島市は、九州の最西端、長崎県の西方海上約100キロメートルに位置し、11の有人島と52の無人島で構成されています。福江島の西側の海岸は、東シナ海の荒波を受けた海蝕崖がつらなり、鬼岳を中心とする噴石丘や玉之浦湾の溺谷、高浜や頓泊海水浴場の白砂の浜辺など美しい自然景観を有しています。また、キリシタン文化や遣唐使ゆかりの地、島特有の伝統芸能など、多様な文化も息づいています。

五島市の沖では浮体式洋上風力発電のウインドファーム事業が動きだし、エネルギーの地産地消を目指すとともに、将来に渡って住民の暮らしが豊かで、経済・地域が豊かなまちを目指した「スマートアイランド構想」を計画しています。最近では年間200名以上の移住者を受け入れ、2019年、2020年と2年連続で「社会増」を達成している元気な島です。


◆あえて、真冬の五島でワーケーション GOTO Workation Challenge 2020
https://www.city.goto.nagasaki.jp/workationchallenge/2020winter/

◆島ぐらしワーケーションin GOTO 2021(新型コロナウィルス感染症の関係で中止となりましたが、取り組み例としてご参考ください)
https://shimagurashi.mitsutabi.jp




【地方を元気にするワーケーションフォーラムとは?】

2021年より、一般社団法人日本ワーケーション協会が開催している、ワーケーションと地域活性化を考えるフォーラムイベントです。毎回、各地方自治体と連携して共同開催を行い、登壇者はその地に出向いて現地のワーケーションを体験した後に登壇します。(情勢により変更する場合がございます)またディスカッションでは、ワーケーションの有識者と、地元事業者やテレワーク実施者の議論を行い、その地域のワーケーションとライフスタイル、その未来について熱く語り合うイベントにします。


今回は、現地視察などを兼ねて五島へ先駆者が集合する予定でしたが、現在の情勢を踏まえて、残念ながら、訪島は延期となりました。オンラインとなりますが、五島でのワーケーションの熱気をお届けします。


【お問合せ先】

一般社団法人日本ワーケーション協会(京都市)
info@workcation.or.jp(担当:入江、古地)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#1014563 2021-05-20 06:36:23
More updates
Sun Jun 6, 2021
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加券 FULL
Organizer
一般社団法人日本ワーケーション協会
329 Followers
Attendees
151

[PR] Recommended information